日本のやきもの 日本中から集めた「やきもの」普段使いに、ギフトにいかがですか

大和屋の厳選したやきものをご紹介しております。
※紹介している商品は、ほんの一例です。

1 番〜 10 番を表示 (全 56 枚) (1) 2 3 4 5 6 »
2014-7-9
壷屋焼と読谷村焼

直接仕入れてきました!

伝統的な技法を取り入れながら、新しい焼き物が増えています。

老若男女問わず使っていただけるデザインのやきもので、
これからやってくる夏にぴったり!
photophoto

2012-8-9
古谷信男氏 珈琲カップ

白さの中に温かみを感じる器です。シンプルなデザインの中に線彫りされたストライプがアクセントになっています。

2012-7-18
丹波焼 源右衛門窯

源右衛門窯は丹波伝統ののぼり窯を持つ。
十代目・市野太郎氏の作品が入荷致しました!




photophoto

2011-3-23
出西焼 

出西焼 島根県

欧州デザインを彷彿とさせる出西焼は年齢を問わず人気があります。
シンプルで使いやすく、この冬一押しの陶器です。

出西焼の透き通った青は「出西ブルー」と呼ばれコレクターにも人気があります。

photo

2010-5-27
笠間焼 本田あつみ

可愛らしい柄と手のひらにすっぽり収まるまあるい形が使う人の心を癒します。

家庭訪問シーズンのおもてなしの器として・・・
新婚家庭への贈り物などにオススメです。

photophoto

2010-5-14
美濃焼 林英樹

美濃焼 林英樹

林さんは美濃焼という、とても大きな伝統を踏まえつつ様々な刺激やエネルギーを感じながら21世紀という今を生きる作品を作っている若手作家です。

陶歴
1974年 岐阜県土岐市駄知町に生まれる
1996年 名城大学理工学部建築学科卒業
1998年 実家である鶴琳窯にて作陶に入る
2001年 岐阜県立多治見工業専攻科陶磁科学芸術科卒業
2002年 青山にてグループ展

photo

2009-10-22
牧田亮 土鍋

みんなであったかお鍋♪
   いろんな土鍋揃いました。


ヘルシーで体も心も温まる、日本の冬のごちそう【鍋料理】。おすすめは美濃の若手作家、「ま工房」の牧田亮氏の鍋。
持ち手が木製の土鍋や、オーブン料理が可能な鍋、最近話題の蒸し鍋など、多数揃っています。


ま工房  牧田 亮
1972年 東京都生まれ
愛知県瀬戸窯業高等技術専門校終了
黒岩卓実氏に器を学ぶ

2001年 独立

現在、岐阜県土岐市にて制作

色絵磁器の器を中心に釉薬に特徴を持たせ、
古典模様を手描きで絵付けしています。

2009-7-9
壷屋焼

沖縄県 壷屋焼

波のような模様が涼しげな印象のカップアンドソーサー。
そして、元気な絵柄の飯椀。
壷屋焼は夏にぴったりです!

photo

2009-3-27
小鹿田焼

伝統的な「用の美」  小鹿田焼(おんたやき)

大分県日田市で江戸中期より続く小鹿田焼(おんたやき)。
土作りから窯出しまで、今も変わらず手作業で行なわれています。飛び鉋(かんな)という幾何学的な装飾模様が特徴的。使い勝手の良い「暮らしの中の器」として人気です。

2009-3-19
新入荷 セラサージュ

新入荷!セラサージュ
セラサージュとはセラミック(陶磁器)とコサージュ(花飾り)を
組み合わせた造語。

長崎県「波佐見焼」の伝統技術を用いて作られた見事なまでに、
繊細な花びらの美しさ・・・。

お祝いの贈り物としても最適です。

1 番〜 10 番を表示 (全 56 枚) (1) 2 3 4 5 6 »

暮らしにぬくもりと彩りを添えて・・・

創業以来一貫して変わらない思いー。

それは、みなさまに“日本のやきもの”を楽しんでいただくこと。

手に取ると感じる陶工たちの息づかい、そして土のぬくもり…。

“日本のやきもの”を通して、暮らしにぬくもりと彩りを添え、安らぎ、憩いの時間を暮らしの中に…。

大和屋では、珈琲の時間をさらに引き立ててくれる珈琲カップを中心に、北海道から沖縄まで日本各地の窯元、陶芸作家をめぐり、自らの目で厳選した“日本のやきもの”をお届けしております。その他、“日本のやきもの”と合わせて、漆器、和雑貨なども各種取り揃えております。