大和屋

大和屋 つれづれ記

ブログ  NEW

『THE UPCYCLE MARKET』に行ってきました!

こんにちは

大和屋広報担当のノブサワです。

梅雨らしくじめっとした天気が続いてますね。
コーヒーは目に見えない程の細かな穴が空いていて湿気を吸いやすくなっているので、保管の際は密閉容器に入れるなど…湿気を吸い込まないように気をつけてみてくださいね!


さて、本日6月24日(金)〜 26日(日)の3日間高崎駅前にある 高崎OPAさんで『THE UPCYCLE MARKET』(ザ・アップサイクルマーケット)が開催されています。
今回大和屋も、コーヒーカスを再利用したオリジナルタンブラーと共に参加させていただいております。

本日のつれづれ記では『THE UPCYCLE MARKET』についてご紹介いたします。


■THE UPCYCLE MARKET


『アップサイクル』とは?
捨てられるはずだった資源を、デザインやアイデアにより、新しい商品に生まれ変わらせること。

『THE UPCYCLE MARKET(ザ・アップサイクルマーケット)』とは?
ファッション、アクセサリー、クラフトペーパー、タンブラーなど様々なジャンルの次世代×ローカルアップサイクルブランドによるポップアップショップとワークショップからなるマーケットイベントです。

本イベントでは、アップサイクルブランドの展示をはじめ、プチ染め直し体験や古着を活用したトートバッグづくり、廃材を使用したミニ農園を作るワークショップなども開催予定です。また、アップサイクル商品の原料になる不要衣類の回収もスタートする予定です。

地元、群馬県を拠点とするブランドから海外のブランドまで、普段接することの多くないアップサイクルブランドに触れることのできる3日間。
(引用:高崎オーパHP

■YAMATOYA COFFEE オリジナル タンブラー

大和屋からは今年1月に発売となった、「YAMATOYA COFFEE オリジナル タンブラー」を出品しています。


コーヒーを抽出した後のコーヒーかすは、ほとんどが廃棄されています。コーヒーかすを再利用することで、廃棄量を減らし、プラスチックの削減につながっています。

品質保持の観点から、コーヒーかすは本体外層部分のみに練り込まれており、タンブラー1個あたりにおよそコーヒー2杯分のコーヒーかすを使用。二重構造になっているので、氷を入れても結露しにくく、ホットドリンクでもスリーブなしで持つことが可能です。
コーヒーカスを再利用したからこそ生まれるマットで優しく温かみのある質感も特徴ですので、ぜひお手にとって見てみてください。

詳しくdeerpssoでご紹介しております。
deepressoはこちら

■会場様子をご紹介


『THE UPCYCLE MARKET』にお邪魔してきました。

大和屋のブースはエスカレーターを上がって、左手側すぐにあります。
タンブラーのほかに、限定品の珈琲「コスタリカエルバスブラックハニー」と、「珈琲アーモンドチョコレート」も販売しています。


通路を進むとおしゃれなお洋服のブースがあり…


その奥にワークショップブースがあります。

「エコラボカフェ」さんのワークショップブースでは、Tシャツをエコバックにリメイクするワークショップを開催。
ミシンなどは使わないため10分ほどで作れちゃうそうです。



「POP-UP FARM(ポップアップファーム)」さんでは、簡単に組み立てができて移動もできる「農園」の展示と、紙袋を野菜ポットにリメイク…種まきをするワークショップを行っていました。


捨ててしまっていたものもちょっとしたアイディア次第で資源として活用できるんだなと知るきっかけになり、改めて地球環境について考えるきっかけにもなりました。
ワークショップはお子様も一緒に楽しめそうでしたので、お時間ある方はぜひ行ってみてください。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

■イベント概要
地球に優しいブランドにふれる3日間『THE UPCYCLE MARKET』
・日程: 2022年6月24日(金)~6月26日(日)の3日間
・会場:高崎オーパ 3Fイベントスペース
・時間:10:00~21:00 ※営業時間は変更になる場合がございます。
・詳細情報:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000102990.html